トップページ保育園について知る:保育園とは…?

保育園について知る:幼稚園と保育園の違い

平成27年度から子ども・子育て支援新制度が施行され、子どもにとっての施設は多様化(保育園・幼稚園・認定こども園等)されました。

保育園の根拠法令は児童福祉法であり、就労等のために家庭で保育のできない保護者に代わって、 0歳から小学校就学前の児童を保育(養護と教育)する児童福祉施設です。これに対し、幼稚園の根拠法令は学校教育法であり、小学校以降の教育の基礎を作るための幼児期の学校教育を行う施設です。また認定こども園の根拠法令は認定こども園法で、学校教育と保育を一体的に行う施設となっています。そして、各施設を利用する場合には、市町村から支給認定証の交付を受ける必要があります。具体的には、下記のような違いがあります。

<保育園と各施設との違い>

    入園できる年齢が違います

  • 保育園・・・「0歳~小学校就学前」
  • 幼稚園・・・「満3歳~小学校就学前」
  • 認定こども園・・・「0歳~小学校就学前」

幼稚園と保育園の違い

    管轄が違います

  • 保育園・・・「厚生労働省の児童福祉法」
  • 幼稚園・・・「文部科学省の学校教育法」
  • 認定こども園・・・「内閣府の認定こども園法」

    担当者の資格が違います

  • 保育園・・・「保育士」
  • 幼稚園・・・「幼稚園教諭」
  • 認定こども園…「保育教諭」

 さらに保育園には認可外と、認可保育園があります。

認可保育所(認可保育園)とは、国や自治体(市区町村)が定めた「保育士の設置人数・保育内容・設備」などの一定の基準を満たし、国や自治体の認可を受け、運営されている保育所(保育園)のことで、認可保育所はさらに、市区町村(自治体)が運営している「公立保育園」と、社会福祉法人等が運営している「私立保育園」に分けられます。